スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ミニトマト
2008/01/18(Fri)
20080119212757.jpg今日は直売所の当番でした。
これは、ミニトマト。
直売所で売っていたので、買ってきました。
水耕栽培のトマトだそうな。
ある意味衝撃的な味でした。
たまたまなのか?とにかく酸っぱい!
僕の勝手なイメージだと「水耕栽培」=水っぽい…だったのですが、、、覆すに十分な味でした。
ここまで酸味があれば、、、これはこれでアリなのでは?って思いました。
でも、、、真冬にトマトって…アリ?
この記事のURL | 日常 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<かつ玄 | メイン | 50:1>>
コメント
-  -
真冬にトマトはなしですよねぇ(微妙)
と言ってみたものの、ニーズがあれば仕方がないのでしょうか、さりとて露地栽培では競争相手が多すぎる

三郷ベジタブル問題があるので、考えさせられます。長野県で冬場にエネルギーをかけて作ることにおいて、コスト高になるのは不可避、その場合、三郷でやるメリットがあるのか、他の地域との競争で勝てるのかとか考えてしまいます。

安曇野の冬場の農業は、どうすることがいいのでしょうか、冬場でもOKな作物(例えばスノーキャロット、白菜を雪の中に放置など)があるのか、ぶっちゃけお休みでもいいのか?どう思いますか?

ps
かつ玄、私も好きです。私は島内の方に行きます。
2008/01/20 09:25  | URL | ○ #GCA3nAmE[ 編集]
-  -
マルさん コメントありがとうございます
やっぱり、真冬にトマトが流通しているって不自然ですよね?
このトマトは、まさに「三郷ベジタブル」のトマトです。「三郷サラダ市」で販売しております。是非とも一度食べてみて下さい。僕はこの巨大なハウス(三郷ベジタブル)で、レモンなどの柑橘類を育てるのが良いのでは?って思うのですが…冬の夜間などに室内温度を0度程度(樹が死なない程度)になるように加温するだけで生育出来る作物に転換を図った方が良いのでは?って考えます。寒くない時期は加温する必要もなさそうだし…(素人考えなので間違っていればスミマセン)
安曇野の冬の農業についてですが…冬の間でも休みなく働くりんご農家さん等がいるので、休んでいる人たちばかりではないのですが…
僕は、冬場(1月&2月)はここ2年ほどオフですね。その分所得は底辺をさまよっておりますが…(それでも、年間休日はこの60日に毛が生えた程度です)
冬以外の季節をそれこそ休みナシで働く、その代償に冬場2〜3ヶ月ほど連続で休む。それでいてそこそこの収入がある。こういう農業が一番の理想ですね。こういう労働体系になれば「農業」って職業がもっと魅力的になると思います。甘過ぎでしょうか?
こういう体系にすべく、色々と試行錯誤しているのですが…「撃沈」してばかりです。
2008/01/21 13:59  | URL | 園主 #-[ 編集]
-  -
三郷ベジタブルのトマトだったんですね(苦笑)
今度、園主さんが当番の時にでも、買いに行きますか!

冬場のトマトは、熊本が多いようですね
トマトの出荷高は、日本一のようです。http://www.pref.kumamoto.jp/industry/nousei/top-2/data/pdf/07/02-03p.pdf
http://www.pref.kumamoto.jp/industry/nousei/mimiyori/2000-4/tomato.htm

冬のトマトをジュース用にするのはもったいないのか?むしろ生食用にした方が良いのではないでしょうか?

このあと、カゴメ以外にも販路を広げるとの話のようですが、どうなるのか?

冬場の農業について、仕事がないと言っていませんが、冬場に収入があれば、良いですよね。ある意味スキー場とは逆かも知れませんね、夏場のスキー場をどうするか、冬場の農業収入をどうするか、冬場のスキーで1年分の収入を得られればOKだが、夏場の農業で一年分収入があればOKなのだが

中国にマグロを買われ、トウモロコシ、さとうきびがバイオエタノールに変わり、小麦が高騰し、日本の食はどうなるのでしょうか!

もっと若い人が、農業ができるように、魅力あるように、みんなで知恵を絞って、明るい未来にしなければならないですよね!
2008/01/21 21:28  | URL | ○ #GCA3nAmE[ 編集]
-  -
マルさん コメントありがとうございます
貼り付けてくれたホームページを見て思ったのですが(話がずれてしまいますが…)、日本の農業人口がこの10年で17%も減少しているんですね。しかも、65歳以上の農業従事者が58%も占めているなんて!知りませんでした。
でも、身の回りを見渡すと…若い人(中年を含めて)が少ない、ほとんどいないですね。
20年先はどうなっちゃうんでしょう?
「農」を動かしている、日本の偉いさん達は本当にこれで、自給率を向上させる事が出来ると思っているんでしょうかね?
小麦が高騰しても買う事が出来る国はまだ良いですよね?いわゆる「貧しい」と言われている国で、小麦、モロコシが主食で自給率が低い国からすると、それこそ「死活問題」ですよね。小麦や大豆などを外国から買いあさる日本、、作る能力があるにもかかわらず…
この安曇野地域で、冬に温室を作って夏野菜をやっていけるのだったら…「三郷ベジタブル」以外の農家さんがいても良いと思いませんか?
僕の知る限りいません。(そう考えると…この界隈でブルーベリーを大々的にやっている人がいない…何かあるんだろうか?僕は心配です)
2008/01/22 10:14  | URL | 園主 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://okifarm.blog93.fc2.com/tb.php/328-11c6b02f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。