スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
立山カルデラ砂防学習会
2013/07/10(Wed)
 DSCN2489.jpgいわゆる観光地の「立山」のすぐ隣に行ってきました♪

その名も「立山カルデラ砂防博物館」

砂防について学ぼう!

って訳でした。










DSCN2490.jpg 白い線で囲われた部分が、立山カルデラって呼ばれていて、、、
この白線内がたえず崩落しているって事らしい。















DSCN2492_01.jpg 今回、当選した見学(学習?)コースが、バスで砂防ダムを見学したあと、トロッコで降りてくるルートでした。
立山カルデラに入るルートが、、、
折立口の奥からとは思いませんでした。
以前黒部赤木沢に行ったときの入山地点がここでした(09/09/08のブログを見てね♪)
今年、もう一度ここから山登り、沢登りをしたいなぁ、、、いや、今年こそ来るぞって思いつつ…
通過♪






DSCN2494.jpg バスの中の光景
やっぱり、この手の見学会はヘルメットですよね♪
07/11/01のブログを見てね♪)














DSCN2502.jpg (僕の感覚からすると…)とんでもなく山深いと思うのですが、、、
「テロ対策警戒実施中」
こんな山の中で、、どのようなテロ行為をするんだろう?
善良な市民?には思いつきませんです、ハイ。











DSCN2517.jpg 立山温泉跡すぐそばにこのような碑が…























続きは…「ぽちっ」してねっ♪
 DSCN2523.jpgとんでもない山奥に、、、
人工物の跡が…
立山温泉の湯船跡だそうな。
こんな歩いてしか来れない(山登り?)場所に温泉宿があったそうで…
ここのお湯が、至って「良かった」らしく大盛況だったらしい。
こんな山奥に1000人も泊まる宿が建てられていたらしい(その割に湯船が小さいと思うんだけど…)
こんな山奥まで歩いて来れる位だから、、、湯治をする必要があったのか、なかったのか…??
ここで働く女中さんは、歩荷(ぼっか)さんに背負われて来たらしいので、、、湯治客も歩荷さんに背負われて来たのかな?
DSCN2538.jpg全ての土砂がこの場所に集まってくるので、、、
この砂防ダムが立山カルデラの「要」との事です。
みどりの橋のところから下を見てみました♪
















DSCN2531.jpg 上流から下流を見た風景
ここを下から見上げてみたいですね〜。






















DSCN2536.jpg この砂防ダムを「白岩堰堤」って言われていて、その筋の人にはとっても有名らしい。

このダムがないと、富山の人は絶えず土石流におびえながらの生活を強いられるので、この砂防ダム群の必要性は分かったのですが…

人間の小ささ、自然には勝てないって事を痛感させられました。

この場所を実際に見てほしいものです。
「立山カルデラ 体験学習会」で検索してみて下さい。


この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<立山砂防トロッコ | メイン | 鷺農法…?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://okifarm.blog93.fc2.com/tb.php/1560-bccc9a8f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。