スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
毒沢鉱泉へ
2012/01/16(Mon)
DSCN0109.jpg毒沢温泉の中の…
「神の湯」へ行ってきました♪
場所は「下諏訪」ですが…
岡谷インターから車で10分くらいか?
でも、、、
「木落とし坂」のすぐ近くだから…やっぱり場所は「諏訪」なんだね、きっと♪















DSCN0112.jpg分かりにくいですが…
「ご入浴の定員を六名様とさせて頂いておりますので…」
と書いてあります。
確かに湯船は5~6人くらい入れば「いっぱい」って感じですが、、、
定員制限があるので、「の~んびり」と入る事ができますよ♪
肝心のお湯は、赤色。
そして、源泉の水は…とにかく冷たいっ!
(源泉の冷水浴の湯船?あります←約1時間入浴したのですが、、、その水風呂に入ったのは僕だけ。何だか一人得した気分♪)
ここのお風呂の入り方は、最初に水風呂に入ってから…
暖かいお風呂に入るって「作法」らしい。
でも、いきなり水風呂には、、、入る「勇気」がないですね、僕には♪
松本平では「赤いお湯」は、あまりないので、赤いお湯に入りたくなったら、ここは有力候補です。
良いお湯を見つける事が出来ました、うれしいです♪
「木落とし坂」については…
「続きを読む」をぽちっしてねっ♪





 DSCN0106.jpg木落とし坂は…
諏訪御柱祭のメインの1つの「木落し」をする坂ですね。
この坂を柱に乗って「落ちて」いくって神事です
(たぶん…詳しくは、「御柱祭」で調べて下さい)

実は、、、
密かに…
この坂に大雪が積もった暁には…
スキーで滑り降りてやろう!と数年前から思っていたのですが…

写真中央左やや下あたりに立て板があるでしょ。
そこに、、、
「危険立ち入り禁止」とあります。
ここまでだったら、自己責任で滑ってやろうと思うのですが…
その隣に、、、
「諏訪大社」の文字が…
これは、イケナイ。
ハイ、あきらめました。
不埒な事を考えた僕が馬鹿でした、ゴメンナサイ。

この記事のURL | 日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<裏山で… | メイン | 薪置きバケツ>>
コメント
-  -
木落とし坂ですね。岡谷に住み始めた直後の御柱の時に、自転車で見に行きました♪
巨木に跨がってあんな坂降りる、いや「落ちていく」なんてまともな状態じゃ無理でしょうね。帰宅して知ったのですが、見に行った丁度その時に亡くなった方がいましたから。

上田へ行くときにいつもこの前を通ると、祭りの賑やかい光景を思い起こしていました。
2012/03/30 22:50  | URL | ててじゅん #-[ 編集]
-  -
そっか…
ててじゅんさんは、岡谷にも住んでたんですよね♪
やっぱり、御柱の熱狂は凄かったですか?
木落とし坂を巨木に跨がって…って言うのは、やっぱり「熱狂」なんでしょうね♪
あっ、そうそう。
この冬、室内の給湯器が寒さのあまり破裂してしまいました♪
諏訪湖界隈と同じ位寒かったって事でしょうね、きっと。
2012/03/31 15:00  | URL | 園主 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://okifarm.blog93.fc2.com/tb.php/1384-26d9d8f8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。