スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
抜釘手術…その3
2011/12/06(Tue)
手術は、9時15分頃に動くベットに乗って、手術室へ。
今回も下半身だけの麻酔でした。業界用語で「腰椎麻酔」って言うそうな。
前回の手術の時にも体験しているので、ちょっと?余裕をかましていたのですが…
前回の時は、「さくっ!」っと「麻酔の液」?を入れる針が入ったのですが…
今回は、その針を入るのに3回の試技?。1、2回目は、左足膝、左足小指あたりに強烈な電気が走る。
麻酔の液を入れてもらって、仰向けになった時には、大汗をかいていた様で、、、
看護士さんに「ありゃ、汗かいてますね~♪」

左足を持ち上げられたり、右半身を下方面に傾けられたりしているうちに、どんどん足の感覚がなくなり…
何やらやっているな?って思っていたら、「カツン!」と金属がバッドに落ちる音が…
前回、プレートを打ち付ける時は、、、
インパクトドライバー(業界用語で何て言うのか知りませんが…)を使って、
「ウィ~ン、ガガガッ!」ってやっていたので、抜くときも、同じように…
「ガガガッ!!」って豪快にやってくれるのかと思っていたら、、
どうも、ぐりぐりと人力でネジを回した様でした。
冷静に考えたら、、、そんなもん(インパクトドライバ)使ってネジを解放させようとしたら、ドライバの力でまた骨折しそうですよね♪

手術室の出口で、、
病棟の看護士さんを待つ間、執刀してくれた先生に、どれ位時間かかったのか聞いたところ…
手術自体は「17分ですね」との事。
麻酔したり、なんだかんだ(←何をしているのか僕には分かりませんが)が時間がかかるとの事でした。
病棟に帰り着く頃には、歯が噛み合わない位からだが冷え冷えで…
下半身が動かないから、体温が作れないって事なのか?…よくわからん。
2011_1207抜釘手術0814病棟に帰ってから翌日まで、、、
ず~っと、この景色。

今回は、悶絶するほどの痛みには襲われなくて、、、
ちょっと、ホッとしました。

でも、、
前回味わった、筋肉注射の痛み止めを今回はしてもらえなかった!って言うのが、かなり残念っ!!
(何を求めて、手術をしてるんだか?)

今回は、長い夜をi-podと共に過ごす。
(前回は、痛みでそれどころではなかった。)

それにしても、おしっこを外に出す管は、不快ですね~。
あれは、何とかならんもんかね?


つづく…



この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<朝食はパン…? | メイン | 筋肉質血管出にくい系患者>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://okifarm.blog93.fc2.com/tb.php/1329-bffb1b0c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。