スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ごぼうを掘る
2010/10/30(Sat)
 DSCF6280.jpgこれ、、、ごぼうの葉っぱです。
で、、そろそろ収穫してみるべしっ♪って思い立ち…
収穫作業を始めました。





















DSCF6283.jpg「ごぼう抜き」って言葉からも、、、
ニュアンスとして、「すぽっ!!」っと抜けるものだと思っていたのですが…
なかなか、、、(掘り出すのに)いじいじさせられました。




















DSCF6282.jpgすっと、まっすぐなごぼうもあれば、、、
右端の様に四方八方に根が分かれたものもあり、苦戦させられましたね~♪
そういえば、、、津軽弁で「ゴンボ掘る」って言葉もあったなぁ…って事を思い出しました。
まさにそんな気分にさせられる仕事でした♪
(津軽弁ネイティブではないのでよくわかりませんが、「へそを曲げる」、「だだをこねる」みたいな時に皆さん使ってました)


スポンサーサイト
この記事のURL | 畑仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
渋柿の収穫
2010/10/29(Fri)
DSCF6276.jpg渋柿の収穫をしました。
沖農園の渋柿の木は、まだまだ小さく、、、
実をつける気配はありません。
この柿は、お味噌とお米を預かっていただいている方の木からの頂き物です。
ありがたい事です、ハイ♪
ここから先は、夜なべ仕事です。
今年も美味しい干柿になる事を願って…
とりあえず、、、放置ですかねっ!
 おいおい剥いていく事にしましょう♪




この記事のURL | 畑仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紅葉の沢
2010/10/25(Mon)
DSCF6271.jpg今年最後の沢登りに行ってきました♪
紅葉には、ちょっと早いかな~?って感じはしましたが…
なかなかに面白い、山行でした。





















DSCF6235.jpg紅葉してる、、、
松茸がどう、、
という気候なので…今回は、絶対に濡れたくなかったので、かなり?緊張した??沢歩きとなりました♪
でも、水遊びって、、やっぱりダバダバに濡れて遊びたいっ♪
来夏、ここで…思いっきりはじけたいなぁ!





この記事のURL | 山登り | CM(2) | TB(0) | ▲ top
胡麻の収穫
2010/10/24(Sun)
 DSCF6221.jpg雑草みたいでしょ?
でも、、これ胡麻なんです。
でも、、、





















DSCF6222.jpg胡麻が、はじけ飛んじゃってますね~
どうやら、収穫適期を逃したらしい。
でも、、、いくらかは収穫できた様に思います。
来年は、まじめに収穫適期を見極めて、まじめに収穫作業をしたいと思います♪
今年は、一握り位は、収穫できた様に思います。
(その作業については、そのうちに…ブログに乗っけますね)








この記事のURL | 畑仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ピンクの絨毯
2010/10/23(Sat)
 DSCF6224.jpgコスモスも、、、
一面に咲くと…
なかなかに壮観です♪



この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
松茸を…Get !!
2010/10/22(Fri)
 DSCF6226.jpg昨日、、、松茸を探しに山に行ってきました。
そして、松茸を見つけました♪
数年ぶりに松茸をGET !!です。
この他に、バラバラになった松茸数本。
バラバラになった松茸は、松茸ご飯に、、、
マトモな形の松茸は…ホイル焼きに♪
う~ん、、、超贅沢なひとときでした。








この記事のURL | 日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ドラゴンフルーツ
2010/10/21(Thu)
 DSCF6220.jpgピンぼけですが…
この赤い実…ドラゴンフルーツって実です。
餅米の脱穀作業をさせていただいた、農家さん宅の温室で栽培されてました。
で、、、
食べさせていただきました。
うん、うまくないっ!
やっぱり、こういうものは産地で食べなきゃ駄目ってことなのかな?
我が家にも、ドラゴンフルーツの苗があったのですが…
この冬、我が家では越冬できず枯れてしまいました、残念っ!
室温が-7度まで下がりゃ駄目ですよね♪






この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一足(いっそく)
2010/10/20(Wed)
 DSCF6217.jpgわら束の片付けです。
荒縄の上に、、、わらを4把(わ)
(分かりにくい写真でスミマセン)
そして…




















DSCF6218.jpg次の段は、向きを変えて4把
(分かりにくいですが、この写真)
その作業を、合計6回します♪
計6段…4把×6段で、、、24把になりますね。




















DSCF6219.jpgその24把で一括りにします。
この一括りを…1足って言います。(24把1足って言います)
どうやら、これがわら束を流通させる時の「単位」になっていたそうです。
今でも、長わらを売る時は、ちょくちょくこの言葉を聞きますね♪
人によっては、「うちのは26把1足だで、、、」な~んて事も…
おまけしてますよ~♪ってアピールですねっ。





この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
米のジュース
2010/10/19(Tue)
 DSCF6208.jpg日本酒の事を、麦ジュース(ビールの事)に対比させて「米の汁」な~んて言った事もあったのですが…
スーパーでこんなもの見つけちゃいました。
お米のジュースです♪
販売は、JT。
やっぱり?タバコの大幅値上げで顧客が逃げるのを考え、、、新たな活路を見出そうとしているのか?
味の方ですが…
昔「スコール」ってジュースがあったの知ってます?
それと、ほぼ同じ味…の様に思います。
スコールを知らない?じゃ、、アンバサってジュースにもちょっと似てますね。
僕としては「アリ」ですね、このジュース♪
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ねこ干し
2010/10/18(Mon)
 DSCF6202.jpg昨日、収穫した餅米(籾)の乾燥作業です。
ブルーシートに広げて、、、
かき回す。
それだけです。
あとは、、、適度な米の水分で取り込んでオシマイ♪
餅米なので、乾燥気味の水分まで干します。
ハザ掛けをしなかった理由は…
収穫する籾の量が少ないので、この「ねこ干し」ってやり方で十分に対応できると考えたからです♪
約1反歩(300坪)位までは、このやり方で対応できます♪













DSCF6203.jpgもみの殻(から)を剥いてみました。
やっぱり、もうちょっと乾燥させなきゃ駄目ですねぇ。
餅米は、乾燥が進むと、餅米らしく白濁したお米になります♪
今年は、マトモな餅米を収穫しなきゃ!デス。
(昨年は、乾燥させすぎて、割れちゃって米の形にならなかった)
十三夜のお月見には、今年も間に合いそうにないですね、残念!
(今年の十三夜は10/20)



この記事のURL | もち米プロジェクト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2010餅米収穫
2010/10/17(Sun)
DSCF6190.jpg餅米の収穫をしました。
餅米とうるち米(コシヒカリ)を極力接触させたくないので、、、
面積が小さい事もあり…人力?(機械を使っているんだけどねっ!)で収穫作業をしました。
この機械を使うと、、
刈り取り作業は、約1時間で終わりました(5畝/150坪)







DSCF6191.jpgこの機械(バインダーって言います)は、稲を刈り取って束ねるって作業をしてくれる優れモノ♪
この作業を全て、手でするととっても、大変です。
初めて稲作をした年は、、、
最初、手作業で稲刈りをしていたのですが…ラチがあかず、途中から地主さんのバインダーを借りたときは、、、
なんてすばらしい機械だ!って感動したのを覚えています♪
















DSCF6192.jpg刈り取った稲の束は、田んぼがぬかっているので…道路にて干してます。
乾いた道路って、よく乾くんです。
でも、、、こんな事、都会では許されないですよね。(田舎でも許してもらえないですね。単に交通量が少なく、そして黙認してくれているだけですね、ハイ)

















DSCF6193.jpgいつまでも、道路に干しておく事も出来ないので…
(当たり前ですね♪)
刈り取った稲の束を、軽トラにつみこむ、つみこむ…




続きは、また今度♪

この記事のURL | もち米プロジェクト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2010餅米収穫…つづき
2010/10/17(Sun)
 DSCF6197.jpg積み込んだ稲の束を、、、
ぎゅっ!と縛って、、、移動開始♪












DSCF6198.jpgこの機械を持っている方(お世話になっている冬のバイト先さんです)の圃場で、、、脱穀作業開始です。
左のわらが→右に移動する間に…
稲束から籾をむしり取るという機械です(ハーベスターって言います)








DSCF6200.jpgあっ!という間に…
脱穀終了♪
相変わらず、小出来ですねぇ。
まっ、穫れすぎても困っちゃうんだけどね(負け惜しみです、ハイ)
一般的には、、、
稲刈り→ハザ掛け(乾燥)→脱穀
って段取りなのですが…
ハザ掛けをするほどの収穫量でもないので、、、
稲刈り、即脱穀って作業をしてしまいました。
では、乾燥作業をどうするのか?
それは、、、
ま~た~明日♪

この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さつまあげパン
2010/10/16(Sat)
 DSCF6185.jpgやっぱり?同じくフジパンから…
さつまあげパンってのも売ってました。
「まるごとさつまあげ」って、偽りなしでした♪
フジパンさんは、パンの中に練り物を入れる方向に活路を見出そうとしているのか?
それとも、パン業界は今、練り物に注目しているのか??
次は、何が出て来るんだろう?



この記事のURL | 日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ちくわパン…再び
2010/10/15(Fri)
DSCF6187.jpgちくわパンを初めて見てから…
約半年。
(前回のちくわパンについては、2010/5/28のブログを見てね)
ヨソオイ新たに、、、再登場っ!
今度は、フジパンから♪
しかも…?ちくわの穴にツナが、、、
食べてみての感想ですが、ちくわの味がしなかった。
歯ごたえはあったけど…
ちくわの必要性がちょっと希薄だった様に思いました。
でも、ちくわを抜くと、、、ツナパンになっちゃうし、難しいところなんだね、きっと♪
ちくわの穴に、ツナを入れるってところに、無限の可能性?
(ちくわの穴に)カレーや、チーズ、ポテトサラダ、、、ソーセージを入れるっどうだろう??
など、色々と空想してしまいました。
この記事のURL | 日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
何処へ?
2010/10/14(Thu)
DSCF6122.jpgこれは、、、
お米が入る前の、米袋です♪
 





















DSCF6120.jpgこの米袋、、、
籾摺調整技術者のハンコに、僕の名が…♪
2010/8/26のブログを見てねっ!)





















DSCF6119.jpg今期、僕のハンコが押された紙袋(業界用語だと…カミタイって読みます)は、約300袋♪
一体、どこに行ったんだろう?
この米袋の中に
「どのような方の元にたどり着いたのか、、、興味があります♪ご一報下さい」って手紙?を入れておけば良かったかな??
こんな事をすると、ぶっ飛ばされます…きっと♪(よく、わからんけど…)
今期は、珍しく?何事もなく無事に実務の方は終了となりました♪

さて、、、これから、僕の苦手なお金の勘定。
はぁ~
嫌だなぁ…ぶつぶつ。











この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
色彩選別機
2010/10/13(Wed)
DSCF6172.jpg僕が勤めている、ライスセンターにもついにこの機械が導入されました。
この機械は、色彩選別機…通称「シキセン」って言われてます。
何をする機械なのか?




















DSCF6173.jpgいかにも、排除されましたっ!!
って感じで排出されているでしょ?
そのお米を、お皿(米の検査用皿/カルトンって言います)に採ってみると…




















DSCF6174.jpg分かります?
(本来、着色米等を調べる時は、白色のカルトンを使います/白の方が分かりやすそうでしょ?)
カメムシの食害痕(米の中に黒い輪郭が出来たお米)や、未熟米(白濁した青いお米)や乳白米、籾がはじき出されています。
この機械は、こういうお米や石抜き機をくぐり抜けて来た石や異物を排出する為の機械なんです。
この機械は、お米を全粒検査してるんです。
何だか、すごい事ですよね。
僕のお米も、全粒検査済みです。
今まで以上に、異物の混入がないと思います。
農業を始めた頃の、コビエやホタルイの種の混粒したお米は、もう販売する事はないと思います、ハイ♪
あの頃からのお客様、本当に見捨てる事なくおつきあい下さってありがとうございます。(雑穀米?等と言いながらも、僕のする事につきあってくれて、感謝です)

この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
加工用米
2010/10/12(Tue)
 DSCF6177.jpgこれは、僕のお米です。
軽トラに乗っけて、、、
農協へ出荷してきました。










DSCF6145.jpg農協へは、今のところ僕の名前で登録しているので、、、
農協への出荷は、この紙袋を使います。
今年は、農協出荷は15袋のみです。
この15袋は、僕は減反の面積を守らなかったので、「加工用米」ってカテゴリーでの出荷になります。



















DSCF6146.jpgこの紙袋は、僕が個人的に売っている紙袋です。
上の袋のお米と、この紙袋のお米、、、中身は一緒です。(当たり前ですが…)
 「加工用米」ってカテゴリーでの出荷になると、、、
一袋/30キロ…いくら(値段)だと思います?
今年は、3000~3500円です。
まっ、これは、減反を守らずにそういう契約をするので、文句を言う筋のものではないのですが…

「加工用米」ってカテゴリーで買い取るのだったら、、、
一般流通用の紙袋ではなく、一目で加工用って分かる袋にして…そして、お米に色をつける等の処理をして、一般流通が出来ない様な処理をしてもらいたいものです。(国は色々と苦しい言い訳をしていますが、、)
この国では、「事故米」ですら普通のお米として、流通するシステムが存在しているらしいので…




この記事のURL | 日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
同乗者
2010/10/11(Mon)
DSCF6161.jpgゴンとハナ(駄犬その1&2)を趣味の果樹園に連れて行きました♪
朝から、お出かけさせてもらえて、駄犬たちはご機嫌だったに違いない。
この写真は、プルーンの木とゴン(駄犬その1)です。
趣味の果樹園に、栗の樹も植えているのですが…
栗を駄犬にあげたところ、、、
ちゃっかり、食べるじゃんっ!

どうやら、駄犬どもは…
栗の味も覚えてしまったようだ♪













DSCF6165.jpg趣味の果樹園への往復は、車で…♪
おとなしいでしょ、、、
そうなんです、これは果樹園からの帰り道の途中で写真を撮りました。
果樹園で、好き放題走り回った後なので、ストレス発散した後って感じでしょうかね?
行きは、駄犬どもが軽トラの助手席で暴れまくるので…
写真など撮れたもんじゃないです、ハイ♪



この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
食味(しょくみ)
2010/10/10(Sun)
 DSCF6170.jpg僕のお米の食味(しょくみ)を計ってみたところ…
なんと、80♪
う、うれしいっ!
僕が勤めているライスセンターでは、最良の食味でした。
同じ80って食味の米を出した農家さんが、もう一人いました。
その方のお米の水分は、僕のお米より低かったので、、、その人のお米の方がおいしいと思います。
(水分の高い方が、食味が良いそうです)
「最良」って評価を得る事は、なかなかに難しいです、ハイ。

食味…お米のおいしさを計る機械ってモノがあり、美味しさを数字で表します。



この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あけび
2010/10/08(Fri)
DSCF6169.jpgコンバインのオペレーターが、、、
お客さんから、こんなものをもらって来てくれました♪
あけびです。
たいそう美味しいものでもない(種が口の中でぶつぶつしてヤヤコシイ)のですが…
庭先になっていれば、、、やっぱり、楽しそうですねっ♪

この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
放牧
2010/10/07(Thu)
 DSCF6168.jpg車を走らせていたら…
ん、んっ!!

う、馬?!









DSCF6167.jpgポニーを田んぼに放牧していました。
なんだか、、、すごいですね。
当たり前の様に草を食んでますが、、、日常的な光景とは、ちょっと思えませんでした。
でも、、、
僕も、馬を飼いたいので、とっても勇気づけられました♪
(ポニーではなく普通の馬が飼いたいっ!)







この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
罠…?
2010/10/06(Wed)
 DSCF6148.jpg刈り取って来た籾の投入口に…
栗のイガが、、、

こ、これは、
罠か?

このイガを踏んで…
痛ぁ~!
な、なんでこんなところにイガが??
な~んて事には、ならないですね、ハイ♪




この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
狂い咲き
2010/10/05(Tue)
DSCF6151.jpg分かりにくい写真ですね…
では、これでどう?



























DSCF6152.jpg
これまた分かりにくい写真ですが…
ライスセンターの敷地の桜が、、、咲いてます。
稲刈りが終わりつつあると思ったら…
また、田植えしなきゃ、、、って感じですね♪


この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
16%
2010/10/04(Mon)
 DSCF6137.jpg乾燥機からサンプル用に取り出した籾を…













DSCF6138.jpgハンディ?籾摺機にかけ…













DSCF6140.jpg篩(ふるい)にかけて…
下の皿に乗っているのは、篩の目から落ちたお米(小さいお米ってことですね♪)
ここまでの行程の規模を、う~んと大きくしたのが、「ライスセンター」内での作業って事になります。(この他に出荷作業ってのもありますが…)







DSCF6142.jpg篩に残ったお米(玄米)の水分を計ってみると…
じゃ~ん!!僕の目指す水分率16.0%です。
このように、うまく決まると、うれしい♪
(普段は14.5%を目標水分として、±0.5%が許容範囲となっています)
当地信州では、16%で保管してもカビ等発生しないので、沖農園販売分のお米は、この水分率でオシマイ♪






DSCF6143.jpg
乾燥が終わったので…
乾燥機から、籾を排出しております♪
で、、、排出されたお米は…





















DSCF6144.jpg貯留タンクに移されて…
籾摺(籾→玄米)の順番待ちって事になります♪
(僕のお米は、左側のタンクに入っております、ハイ)
昔の?人は、「ハザ掛け」という手段で、お米を乾燥させていた訳で…
水分計など当然なく、、
籾を噛み砕いて、だいたいの水分を見分け(カビない程度の水分率)取り込むって作業をしていたんですね。
う~ん、偉大です。
昔の人は籾摺って作業をどのようにしていたのか?
そこが知りたいです、ハイ。



この記事のURL | 日常 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
乾燥中…
2010/10/03(Sun)
 DSCF6136.jpg僕のお米を乾燥させています♪
これは、、
乾燥機のモニターですね
無事に乾燥させるべく、結構チェックしています♪
乾燥が過ぎると、味が落ちるって言われているので…
過乾燥にならない様に神経を使うって感じですかね?
(これは、僕のお米に限らずすべてのお米に関してです♪)


この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2010稲刈り…その2
2010/10/02(Sat)
 DSCF6133.jpg収穫が済み、乾燥機への投入口に籾があけられてます。
でも、、、
手元に稲穂が…
収穫のとき、脱穀を忘れたらしい♪




















DSCF6135.jpgもったいないので、、、
手で脱穀しました。
高々、1把分の稲穂を脱穀するのに約10分かかりました。
う~ん、機械って偉大ですねっ♪









この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2010稲刈り
2010/10/01(Fri)
 DSCF6131.jpgお待たせいたしました♪
ようやく、沖農園の稲刈りです。
この界隈では、例年通り我が圃場が一番最後でした。
イナゴが我が圃場に集まっていたと思います。
イナゴにとって、、、最後の楽園?

今年は、秋晴れのもと、無事に収穫が終わりました。
あとは、米の味が良いといいのですが…




この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。